回線暗号装置 T-Cypher ETHER
(セキュリティ・セイフティ)

回線暗号装置 T-Cypher ETHER

広域イーサを使用した既存ネットワークの間の情報を暗号化したいお客様へ。

特長

導入が簡単

  • 外付けハードウエアであるため、既存ネットワークはそのままに、「T-Cypher」を設置するだけで、高セキュリティ通信を実現可能です。
  • 上位のプロトコルには影響されないため、既存のシステムにも簡単に導入可能です。お客様のご利用端末は何ら変更が必要ありません。
  • 専用装置であるため、回線速度の低下や遅延が少なく、ご安心して導入が可能です。

高セキュリティを確保

  • 認証にはRSA、通信データの暗号にはAESの暗号アルゴリズムを採用し、高セキュリティを実現します。
  • 暗号するための鍵は、タイマによる自動配送方式により、定期的に自動更新が可能です。
  • ユーザによる秘密情報設定で、外部からの成りすましによるデータの盗聴や改ざんを防ぐことが可能です。
  • 装置筐体を無理に開けると設定情報、暗号通信に必要な秘密情報が自動的に削除されるため、秘密情報の不正アクセス防止が可能です。
  • バッテリーバックアップにより、設定情報、暗号通信に必要な秘密情報は、電源を切っても保存されるため、秘密情報の安全保持が可能です。

安心できる保守、運用

  • SNMPエージェントを搭載しているため、SNMPマネージャからの遠隔監視が可能です。また暗号装置への設定は汎用ブラウザから行える為、保守・運用を容易に実現可能です。
  • 弊社で設計、製造している製品ですので、導入時から障害時まで、弊社エンジニアが迅速にサポート致します。

事例:本・支店間を流れる情報の高セキュリティ通信の実現

広域イーサで結ばれた本・支店間を回線暗号装置「T-Cypher」で暗号化を実現致します。

回線暗号装置 T-Cypher ETHER 事例

仕様

モデル名 T-Cypher
ETHER10
T-Cypher
ETHER100
T-Cypher
Giga Ether
  T-Cypher ETHER10 T-Cypher ETHER100 T-Cypher Giga Ether
暗号機能 暗号アルゴリズム:AES(FIPS-197準拠)
鍵生成方法:自動生成 鍵交換方法:自動配送(起動時、指定時刻時)/手動配送
認証・鍵交換機能 暗号アルゴリズム:RSA相当
自己診断機能 セルフテスト、バッテリーチェック
WEB管理機能 装置状態設定、装置情報・ログ表示、自己診断の実行など
遠隔管理機能 SNMP
自動時刻合わせ機能 SNTPクライアント
守秘機能 不正行為などによる筐体開放時に秘密情報などの重要情報を自動消去
スループット 最大10Mbps 最大100Mbps 最大1Gbps
透過機能 ブロードキャストフレーム/マルチキャストフレーム/VLANタグ/
スパニングツリープロトコルは暗号せず
インター
フェース
LAN
ポート
I/F 10BASE-T 10BASE-T/100BASE-TX 1000BASE-SX/1000BASE-LX/
1000BASE-T/100BASE-TX/
10BASE-T
ポート数 1 1 1
WAN
ポート
I/F 10BASE-T 10BASE-T/100BASE-TX 1000BASE-SX/1000BASE-LX/
1000BASE-T/100BASE-TX/
10BASE-T
ポート数 1 1 1
Control
ポート
I/F 10BASE-T/100BASE-TX 10BASE-T/100BASE-TX 10BASE-T/100BASE-TX/
1000BASE-T
ポート数 1 1 1
電源 AC100V±10% 単相50/60Hz
消費電力 最大15W 最大50W
動作温度 0~40℃
外形寸法

約210(W)x 350(D)x 40(H)mm
※ゴム足含むH寸法は42.6mm

約430(W)x 300(D)x 80(H)mm
重量 約2.7Kg 約6.2Kg

※ :LANポート、WANポートのI/Fについては、弊社SFP(Small Form Factor Plaggable)モジュールの交換により、記載I/Fへの対応が可能となります。
ご購入の際は、使用I/Fをあわせてご指定願います。

セキュリティ・セイフティトップページ

ページの先頭へ